今日は【自分の経験の全てが、人に役立っているんだと再確認しましょう】

ご両親の子供として、

この世に生まれてから、

たくさんたくさんの経験をしてきましたね。

楽しかったこともあったけど、

つらい想いや悲しい体験もいっぱいした。

その思い出は、できれば蓋をしたい。

そう思っているかたもたくさんいると思います。

ボクだって、

0歳の時に母親が出ていったこと。

仕事で父親に認められなかったこと。

祖父の死に目に会えなかったこと。

大好きだった祖母が年老いていくのを感じたこと。

たくさんの失恋。

顔面神経麻痺になり、外に出れなくなったこと。

小さいころ歯を3本も抜かれたこと。

離婚で娘に毎日会えなくなったこと。

あげたらキリがありません。

でもね、

全部経験できて良かったって思ってます。

なぜなら、

その経験のおかげで、

他の誰かのお役に立てているんだもの。

同じ、辛く悲しい経験をした人に、

寄り添えるんです。

痛みを分かち合えるんです。

それが人生の中での

徳になっていきます。

そうやって人様のお役にたてた時、

あの頃悲しかった、辛かった自分は、

満面の笑みで、喜ぶようになるんです。

あの時、経験しておいて良かった。

そのために自分は、がんばったんだよ。

今日は、過去の経験を積んできた、

自分と対話してみましょう。

わたしの人生は、

ただただ一生懸命生きて、素晴らしかったんだと。

その再確認をして、

自分を評価してあげましょうね。

赤い空を歩く人