今日は【自分にどれだけ理解者がいるのか、心の繋がりを感じましょう】

時マヤをマスターすると、

どんなことを自分がやって、

どんなことは人に任せたほうがいいのか、

色別のパターンでわかるようになります。

これはね、すごいことなんですよ。

どこをどう捉えても、

人は一人では生きていけない、

ってことを伝えてくれているんです。

人にやってもらうことは、

自分の苦手なこと。

そんな苦手なことをやってもらったとき、

必ずありがたいという感謝が起こる。

そうやって、昔の人々は、

助け合って生きてきた。

とりわけ、男女は心も体の構造も違うから、

その役割分担がきちんとできていたんよね。

今、自分は仲間がいない、

理解者がいない、協力者がいない。

そう嘆くよりは、今この瞬間からでも、

自分の得意なことで、誰かの役に立てることがないか、

周りを見回してみましょう。

必ずね、あるの。

お役にたてることが。

それを見つけてやることが、

実は自分を大切にするってことだったりするんですね。

赤い地球